うちわはきれいに魅せる収納を!壁別設置方法をご紹介【ジャニオタ収納術〜うちわ編〜】

こんにちは。どりあんです。
今回は、ジャニオタが必ず直面するうちわの収納方法をご紹介します。


魅せる!壁掛け収納

私のおすすめするうちわのジャニオタ収納術は、壁掛けです。こんな感じで全てのうちわを壁の天井付近にぶら下げて見せる収納をしています(写真は肖像権を配慮して裏面にしています)。
この収納に必要なアイテムを紹介します。

①ハピラ うちわカバー ファスナータイプ



100円ショップ(DAISO、CanDo等)、東急ハンズなどで手に入れることができる有能うちわカバーです。うちわの持ち手部分以外を覆えるファスナー式のカバーで、上部にぶら下げる為の穴がついていることがポイントです。各ショップのオリジナル商品ではなく、上述のハピラさんというメーカーが作っている商品なので、今後取り扱い店舗は増える可能性もあります。

うちわ自体も保護できるし、中も見えるし、とってもオススメです!私は発売当初100円ショップを探し回って、ようやく見つけた店舗で10コ買い占めました笑 
嵐 THE DIGITALIANのファンライトでも、ちょっとキツめですが入りますよ!

さらにこのアイテム、参戦時にも役に立ちます
上部のひっかける用の穴にネックストラップをつけて、コンサートに行く時はうちわを首からぶら下げつつ、手で持つようにしています。ペンライトとうちわの二刀流をするのって、結構大変。さらに曲によっては振り付け踊らなくちゃいけない。手が何本あっても足りません。近くにメンバーがいない時くらいはうちわ持ってなくてもいいかってなりませんか?
うちわを首かけにしておくと、「今いいや」という時は手から放して首下げにしておき、メンバーが来た!という時だけ持てばいいのでめちゃくちゃ楽チンです。メンバーが近すぎて動揺し、うちわを投げ飛ばしてしまう心配もありません

最近はこのようなジャニオタ収納術に役立つアイテムが多数発売されるようになりました。有効活用していきましょう。

②ひっかけるもの

これはお住まいの壁によって様々です。壁の種類別に、適切なフックを選んでください。耐荷重のチェックもお忘れなく!

画鋲を刺して大丈夫な壁

画鋲でうちわカバーの穴部分を抑えるように刺せば、ぶら下げ収納が完成です。

賃貸などで画鋲の穴をあけられない場合

壁の目立たないところに画鋲などを刺してみて、白い粉の様なものがつきながらスっと入れば、その壁は石膏ボードかもしれません。そんな壁には石膏ボード用フックがオススメです。壁にあく穴は小さく済み、目立ちません。
最近は100円ショップでも石膏ボード用フックを販売していることもあります!探してみてください。

何も刺せない壁の場合

賃貸で壁に穴をあけるのが嫌だな…という場合や、コンクリート等、石膏ボードのように簡単には刺さらない壁の場合は、粘着テープ式のフックがオススメです。 100円ショップでも購入できますし、お好みのフックに両面テープを付けるだけでも装着完了です。
お住まいの壁紙によって、上記の商品が対応できない場合があります。注意書きをよく読んでご自身の判断でお買い求めください。

粘着テープも貼り付かない壁紙の時

私も長年粘着テープでつけていたのですが、違う壁紙の部分の壁に飾ろうとしたら両面テープが全くつかないんです。ついてもすぐ剥がれてきてしまいました。
そんな方にオススメなのが、くりぴたフックです。接着剤ではなく変形シリコンという特殊な素材でフックを壁に貼り付けます。
うちわを飾るくらいなら小サイズで十分ですよ。
最近、100円ショップでも、「くりぴたフック」のように、専用接着剤で壁に傷をつけずに取り付けられるフックが販売されているようです。でも、実は製造元は同じ清和産業さん。とりあえず1つ試してみたい!という方は、100円ショップで購入してみるのも良いかもしれません。家じゅうの全うちわを貼るぞ!という方は、ネットでまとめて購入することをおすすめします。
(写真は大サイズ)
透明(小)を壁に貼り付けた様子

後は、それぞれのひっかける方法でうちわカバーごとうちわをひっかければ、うちわの魅せる収納は完了です。

《番外編》うちわを傷つけずにデコりたい

ジャニオタ収納術…ではないのですが、うちわを綺麗に装飾する方法としてご紹介します。
私はうちわ表面の自担の写真の周りにハートやキラキラをたくさんつけてデコりたいタイプです。しかし、うちわに直接はつけたくない。そんなワガママに答えてくれるのが、うちわ用ビニールです。



タワレコ うちわ専用PP袋(10枚入り)
(実は最近DAISOでも似た商品が発売されました。価格はもちろん110円で7枚入りです。)
これ、うちわの柄の部分まで覆える袋なんです。カバーと違い、薄いビニール袋なので嵩張りません。

私は、うちわの上にうちわ専用袋をつけて、その袋にシールを貼ってデコっています。さらにその上に、先程紹介したうちわカバーをつける完全防御体制をとっています。
これらの方法でうちわ本体を保護しつつ、デコる欲望も叶え、飾ることもできます。
どれも複数買い揃えてもそんなに高額な商品ではないので、是非試してみてほしいと思います。
サイト改善のためのアンケートにご協力ください。

関連記事

★ジャニオタ収納術★
ジャニオタ収納術 ポーチ編
ジャニオタ収納術 飾り棚編
ジャニオタ収納術 ツアバ編
ジャニオタ収納術 雑誌編